展覧会

「岐阜」」命名450周年記念 歴史探訪 織田信長と岐阜の城めぐり展

「岐阜」」命名450周年記念 歴史探訪 織田信長と岐阜の城めぐり展
「岐阜」という名の名付け親が、あの織田信長だということをご存知でしょうか?
1567年、稲葉山城の戦いで勝利した織田信長が拠点を稲葉山に移し、「岐阜」と命名してから今年で450年。天下統一のために様々な戦いが繰り広げられた戦国時代。岐阜県各地には戦国時代にまつわる名城・史跡がたくさんあります。
今回は名城・史跡巡りを中心に観光スポットをご紹介します。
 
  • 開催期間

  • 時間

    9:00~17:00
  • 会場

    彩輝館ギャラリー
姫路城の西心柱(にしのしんばしら)のレプリカ
今回、姫路城の西心柱(にしのしんばしら)のレプリカも展示しています。
 
昭和31年から始まった姫路城の大修理の際、「西心柱」には兵庫県市川町の笠杉神社で見つかった御神木と、旧神宮備林のある加子母裏木曽国有林(岐阜県中津川市)でみつかった檜の2本が使われています。
今回、そのレプリカを彩都やまもりのギャラリーで展示・ご紹介しています。
 
滅多に見ることができないと思いますので、ぜひこの機会にご覧ください。
 
TOP